NFTはオワコン?NFTの現状と今後の予測

当ページのリンクには広告が含まれています。
グラフ

現在NFTの冬やNFTはオワコンと言われています。本当にNFTはこのまま衰退してしまうのでしょうか?

結論から言うと昔のように簡単には利益は出ないでしょう。

2021年ではとりあえずNFTを制作して売れば儲けが出ていました。

しかし、現在はNFTの供給過多となっており何も考えずに投資すると痛い目をみることになります。

NFTは新技術であり方もすぐに変化します。そのため、新たな方法でNFTの価値を上げる必要があります。

目次

【NFT市場の現状とブームの終了について】

2020年から急速に成長を遂げだNFTは2021年に大きなブームを迎えました。多くの新規プロジェクトが立ち上がり、取引額も急増していました。

しかし最近ではNFTブームは終わり取引額や取引数は減少傾向にあります。

NFT取引量のグラフ
取引量 参考https://dune.com/hildobby/NFTs

上のグラフはNFTの取引量を示しています。

2022年、2023年では取引量が激減していることがわかります。

NFTの需要と供給のバランスが崩れて、供給過多の状態になってしまいました。

これを見れば第一のNFTブームは終わったと考えてもよいのかもしれません。

【NFTはオワコンなのか?】

NFTはオワコン

結論から言うとNFTはまだオワコンではありません!!!

NFTのブームは主にPFPが流行しました。絵師が作品を制作し、それをNFT化し販売していただけです。

現在のNFT取引量が減少したのはPFPが飽和して供給が需要を上回った結果ではないでしょうか?

ではNFTを違う形で利用すれば需要があるのではないでしょうか?

最近サービスが開始した資産性ミリオンアーサーはNFTゲームとして注目を浴びています。

リリース直後にはすぐに利益を出した人はたくさんいました。

スポーツでのNFTの利用やメタバースでの利用なども検討されています。

大企業であるAdidasもNFTを配布し、NFT保持者に優先的に商品を売っていくなどのユーティリティ(特典)を付加している。

またNFTの御三家の1つであるCNPはNFTに様々なユーティリティを持たせてNFTの価値を高めています

【市場の見通し】

NFTの見通し

NFT市場はまだ若い市場であり、今後も成長が期待されています。

特に、ゲーム業界との結びつきが深まり、新たな需要が生まれることが予想されます。

また、アーティストやクリエイターがNFTを活用し、新たな表現方法を模索することも、市場の拡大につながる可能性があります。

日本のNFT保有者はまだ数パーセントといわれています。今のうちにNFT保持しておくことでNFTの冬が終わり、春になった際には周りに差をつけるチャンスではないでしょうか?

【結論】

NFT市場はブームが終わったと言えますが、まだ成長しておりその成長は将来も続くと考えられています。

ゲーム業界やアーティスト・クリエイターなどがNFTを活用することで、市場はますます多様化し、拡大していくことが予想されます。

ただし、価格変動や詐欺被害などのリスクもあるため、投資家やコレクターは注意が必要です。NFT市場の将来的な発展に注目しながら、冷静な判断を行うことが大切です。

NFTを始めようか悩んでいるかた必見!

NFT初心者だけがNFTをゲットできるプロジェクトCNPRの申請が始まっています!

CNPRは0.001ETHで獲得でき、今のフロア価格(最低価格)は0.016ETHとなっています。

格安で始めることができ価値のあるNFTとなっています。

グラフ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次