クラウドファンディング【Funvest】とは?メリット・デメリットを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

少額から資産運用をしたい…
銀行預金での利回りに期待できない…

このように思っている方向け!貸付型クラウドファンディング【Funvest】について解説していきたいと思います。

Funvest(ファンベスト)とは数万円の少額から、手軽に参加できる「クラウドファンディング」となっています。

銀行の預金のようなローリターンでは満足できない人にはお勧めできるサービスとなっています。

それでは詳しく見ていきましょう!

利回り不動産

Funvestと同じ貸付型クラウドファンディングの利回り不動産

利回り不動産で無料登録をすると2000ワイズコインを獲得!

2000ワイズコイン=Amazonギフトカード1000円分に交換可能!

無料会員登録だけで1000円もらえるので、サクッと登録しておきましょう。

目次

Funvest(ファンベスト)とは?

Funvest(ファンベスト)とは?

Funvest(ファンベスト)とは、大和証券グループ、クレディセゾングループのFintertech株式会社が提供する、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

Fintertech株式会社が運営しているなら安心感があるね!

このサービスを通じて、国内外の法人向け貸付案件に手軽にインターネットを通じて投資することができます。

本サービスは2021年11月にサービスがスタートしました。

Funvest(ファンベスト)のメリット

Funvest(ファンベスト)の特徴

・ミドルリスク・ミドルリターンの商品性

・想定利回り2〜3%中心のラインナップ

・グループ力を最大限活用した案件審査

それぞれの特徴を見ていきましょう!

ミドルリスク・ミドルリターンの商品性

Funvestは、ミドルリスク・ミドルリターンの商品です。

銀行預金のようなローリスク・ローリターンではないが、株式やFXのような価格変動リスクが少ないという特長があります。

これにより、分散投資を追求する投資家にとって魅力的な選択肢となるのではないでしょうか。

銀行預金の利回りでは期待できないが株式投資にようにハイリスクのものに手は出しにくいですよね。

そのような方はミドルリスク・ミドルリターンであるFunvestがおすすめです!

想定利回り2〜3%中心のラインナップ

Funvestでは、想定利回りが2〜3%を中心としたラインナップが提供されます。

Funvestでは借手の質の高さを重視しています。

Funvestでは信用力の高い借手(上場企業など)であることや財務の健全性を重視し、「預金より高いリターン」を追求しつつ、信頼性のある借手を厳選したファンド組成を目指しています。

利回りが2~3%だと銀行預金よりも10倍くらいお得だね!

元本保証ではないので損失が発生するおそれがあります。リスクがあることを忘れずに投資を行いましょう。

グループ力を最大限活用した案件審査

Funvestでは、グループ内の各専門家が投資案件の審査を厳格に行っています。

5段階体制によるチェックを通じて、借手の資金使途や財務健全性などを入念に確認しています。

また、コンプライアンスと内部監査体制についても、大和証券グループからの出向者を中心に厳格な体制を敷いています。

ここまで厳選された投資案件なら安心して投資することができるね!

Funvest(ファンベスト)のデメリット

Funvest(ファンベスト)のデメリット
  • 利回りがやや低めに設定されている
  • 出資単位が10口と多い
  • 入金時手数料が発生する

利回りがやや低めに設定されている

Funvest(ファンベスト)ではほとんどが2~3%程度に設定されています。

他社では5~10%ほどの利回りの案件も多くあります。そのため、多くのリターンを得たい人などには向いていません。

しかし、Funvestは低めの利回りではありますが、厳選された投資案件がほとんどなので、安全にコツコツ増やすしたい人にはお勧めです。

出資単位が10口と多い

一口1万円なので10口だと10万円になります。投資で10万円は安い方かもしれませんが、一万円からできるサービスもあるります。

そのため、初心者はには少し厳しいサービスになっています。

入金時手数料が発生する

Funvestの入金時の振り込み手数料は、投資家にとっては些細なように思えるかもしれませんが、毎回発生すると累積してしまうことで無駄な出費になるかもしれません。

しかし、GMOあおぞらネット銀行を利用することで、振り込み手数料を無料にすることができるのです。特に定期的にFunvestを利用する方には、GMOあおぞらネット銀行の普通預金口座を開設することをおすすめします。

他の銀行でも振り込み手数料が無料になる場合があります。自分の銀行口座の使用頻度や条件を確認して、無駄な手数料を節約しましょう。

投資は少額から始める方も多いと思いますので、細かなコストを節約することでより効果的な投資を行うことができるでしょう。是非、振り込み手数料無料の方法をうまく活用して、よりスマートな投資を実現してください。

Funvest(ファンベスト)の口コミ

いい口コミ

いい口コミ①

大企業の大和証券グループとクレディセゾングループが母体であるから、安心して投資することができる。

いい口コミ①

Funvestの「Impression投資型コンパクトマンションファンド1号」に投資しました。

Amazonギフト券が1,300円分もらえるので、合計の利回りが3.65%になるようです!

もし50万円投資できれば利回りが3.74%になるので、さらにお得になりますね!

資金量に合わせて投資額を調節できるのは便利でうれしいです。

悪い口コミ

悪い口コミ①

利回りが低い。

税引前で3%だとあまり増えないし、ほかのレンディングだともっと利回りの高いサービスはある。

悪い口コミ②

Funvestはモンゴルを支援するファンドしか見当たらない

分散投資をしたいので、ほかの国も取り扱ってほしい

Funvest(ファンベスト)はどんな人向け?

Funvest(ファンベスト)はどんな人向け?
こんな人におすすめ

①定期預金より高いリターンを求めつつ、安定した資産運用をしたい方
②ほったらかしで資産運用したい方

繰り返しになりますが、Funvestは想定利回りが2~3%と定期預金より約10倍高く設定されています。

また、Funvestは一定期間が経ったら分配金が戻ってきます。その間の値動きを気にしなくて良いのがメリットですね。

一度預けたらほったらかしでOKなので値動きなどを気にするのが苦手な方などにはお勧めのサービスとなってます。

さらにFunvestは数万円から始めることができるので、20代30代と若い年齢層の人にも投資に手を出してもらいやすくなっています。

投資に興味あるけど大金を使うのに躊躇っている方はぜひFunvestを利用してみてください!

まとめ:Funvestを始めてみよう

Funvestは、少額から国内外の企業の事業に投資できる魅力的な貸付型クラウドファンディングサービスです。

Funvestは、投資の手軽さと安定性を兼ね備えた優れたサービスです。多様な投資スタイルを持つ人々にとって、魅力的なサービスだと思います。

株式や債券とは異なり、Funvestでは相場に影響されることなく、ミドルリスク・ミドルリターンで資産運用が可能です。

自分の投資を安定させたい、着実な利回りを追求したい方々に、Funvestが理想的な資産運用となるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次