NFTのガス代ってなに?安くなるタイミングは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

ガス代ってなに…
ガス代はいつ必要なの…
安くならないの…

この記事ではこのような内容を解決していきます。

2021年ではごろはNFTの購入時などに発生するガス代(手数料のようなもの)は500円程度でした

その頃は気軽にNFTの購入・出品が行われていました。

しかし、現在はガス代が5000円近くいくことも…

ガス代についての知識を知らないと、NFTの購入もできなくなってしまいました。

この記事を読み、ガス代の仕組み・発生するタイミングをしっかりと理解しておきましょう。

目次

簡単にワードのおさらい

ガス代ってなんですか?

手数料だと思っていいよ。
これから少し難しい話になるから、難しい話はいやだっていう人は
手数料」と思っておこう。

難しいはなし…
最初にワードの確認をしておいた方がいいかも

そうだね!
ガス代の説明の前に簡単にワードの説明をしよう。

ガス代の説明にあたり必要なワードの説明を簡単に行います。

かるくく理解していた方がガス代についても理解しやすいと思います。

「そんな説明不要だよ」という方は飛ばしてください。

ブロックチェーン

ブロックチェーン

ブロックチェーンは簡単に言うと「みんなで管理する台帳のようなものです。

複数のコンピューターが分散してデータを管理しています。

そのため1つの場所でデータの改ざんがあると、他の場所でのデータとのずれができてしまいデータの改ざんが発覚します。

このブロックチェーンを利用しているので仮想通貨やNFTは改ざんできないデータと言われています。

マイナー

仮想通貨を送金したり、受けとるなどの取引のデータをブロックチェーン上に記録することをマイニングといいます。

マイナーとはそのマイニングをする人のことを指します。

ガス代とは

ガス代

ここからガス代について説明していくよ

ガス代とはマイナーに払われる料金のことです。

第三者の取引をマイナーがブログチェーン上に記録しています。

ブロックチェーン上に記録するのには電気代すごいかかるらしいですよ…

その記録をしてくれた人への報酬としてガス代が払われます。

確かにマイナーの人に報酬が与えられないとやる人いなくなるもんね

その通り!
だからガス代とは、ブロックチェーン上に記録する時の手数料ってことだね。

ガス代はいつかかるの?

ガス代のかかるタイミング

・NFTを購入する時
・ETHからWETHへ交換する時
・ETHからポリゴンにブリッジする時
・オファーする時
・オファーのキャンセル時
・購入オファーを承諾すると時
・出品した作品をキャンセルする時
・ウォレットから違うウォレットに送るとき

ガス代のかかるタイミングはこのような時です。(これが全てではない)

何かしらの取引が行われるとガス代が発生すると覚えましょう。

なぜガス代が高騰した?

なぜガス代が高騰した?

どうして最近ガス代が高くなったの?

このように思う人は多いはず。

イーサリアムのガス代が高くなった理由は主3点です。

・取引量の増加
・スマートコントラクトの利用
・イーサリアムの価値上昇

取引量の増加

トランザクションの量の増加
利用者の増加

取引量の増加の問題はスケーラビリティ問題と言われています。

イーサリアムの取引量が多くなると、トランザクション(取引)の承認・記録をするのが量が多くなります。

そうすると取引の承認までに時間がかかり、手数料も多くかかることになってしまいます。

イーサリアムはNFT・Dapps・DeFi分野でも注目されているために利用者が増加しています。

スマートコントラクトの利用

スマートコントラクトは、特定の条件を満たした場合に自動的に実行されるプログラムです。

契約の当事者はスマートコントラクトに取引のルールや条件をプログラムしておくことで、契約内容を確実に守ることができます。

例えば、ある商品を販売する場合を考えてみましょう。

スマートコントラクトを使用すると、商品が支払われたら自動的に所有権を移転するようにプログラムすることができます。支払いが行われなかった場合は、自動的に取引がキャンセルされるようにも設定できます。

イーサリアムはこのスマートコントラクトを導入しています。

スマートコントラクトを利用する際に、利用料が発生してしまうために

ガス代=基本手数料+スマートコントラクトの利用料

となりガス代が高くなってしまうのです。

イーサリアムの価値上昇

NFT取引を行ったことがある人ならわかりますが、ガス代はイーサリアムで支払います。

そのためイーサリアムの価値が上がることでガス代も上がることになります。

1イーサリアム(ETH)=20万円の場合
ガス代:0.005ETHとすると 20万×0.005=1000円

1イーサリアム(ETH)=30万円の場合
ガス代:0.005ETHとすると 30万×0.005=1500円

このようにイーサリアムの価値が上がれば同じ0.005イーサリアムでも500円の差が生まれてしまいます。

ガス代の計算方法

ガス代の計算方法

ガス代の計算方法について解説していきます。

計算式は次のようになります。

ガス代=ガスリミット×ガス単価(Gwei)

ガス代の単価としてGweiという単位が使われます。

1Gwei=0.000000001ETH(10⁻⁹)です。

ガスリミットは基本的には販売所などで設定されており、

オープンシーでは210000になっています

ガス単価はトランザクションの量などによって変動ています。

ガス代を安く済ませる方法

ガス代を安く済ませる方法

・取引の少ない時間帯を選ぶ
・トランザクションの処理速度を落とす

ガス代を安く済ませる方法として取引の時間帯と、トランザクションの速度を落とす2点の方法があります。

スケーラビリティの問題で挙げたように取引量が多いとガス代が高くなってしまうため、取引量が少ない時間帯を選択することで安くすることができます。

ガス代は基本的には朝が低く、お昼を過ぎたあたりから徐々に上昇していきます。そのため、NFTの購入などは朝に行うのが良いでしょう。

ガス代の比較(目安)

朝:10~20Gwei(約500円)
夕方:20~40Gwei(約1000円)

またトランザクションの処理速度を落とすことでもガス代を安くすることができます。

NFTのマーケットであるオープンシーではトランザクションの速度を変更することができます。

HighMedium Lowの3つの処理速度

Lowにすることによってガス代を安くすることができます。

しかしトランザクションが処理されず、トランザクション詰まりを起こしてしまうこともあります。

その時はMediumやHighに変更しましょう。

ガス代の確認方法

ガス代の確認方法を解説していきます。

主に2パターンあります。

ガス代の確認方法

1. Etherscanで確認する

2.DiscordのBotで確認する

まずは Ethescanで確認する方法について解説していきます。

STEP
Etherscanにアクセスする

ここからいけますhttps://etherscan.io/

STEP
ガス代を表示する

右上の「More」→「gas Tracker」を選択

STEP
ガス代を確認する

これでガス代が表示されます。

基本的にAverageの値を参考にするといいです。

DiscordのBotで確認する方法

国内最大級のDAOであるNinja DAOで確認することができます。

水色→ETH 黄色→BTCとなっています。

ガス代に関するQ&A

ガス代は一日の中で大きく変動するの?

ガス代は少しの時間で変動する場合があります。

1時間で15Gwei→30Gweiのように上がることもあれば、その逆に大きく下がることもあります。

NFTを購入する前に確認するのがいいでしょう。

どのくらいになったらガス代は安い?

私の感覚で行くと10~15Gweiであれば安いと感じます。

20Gwei以上になってくると少し高いと感じ、NFTの購入を控えています。

ガス代無料のマーケットプレイスはないの?

あります。

LINE NFTやコインチェックのマーケットプレイスはガス代が無料となっています。

しかし、それらはETHチェーンとはことなる独自のチェーンとなっています。

ですので、LINE NFTをOpenseaで売るなどはできません。

現在NFTのマーケットプレイスはOpenseaが最大級の規模なので、Openseaで出品できないと買い手が少ないです。

まとめ:イーサリアムのアップデートに期待

ガス代がいつ・どうして発生するのか分かったと思います。

現在はガス代が高額で気軽にNFT取引ができていない状態です。その中でイーサリアムのアップデートが期待されています。

イーサリアム開発者会議では2023年の後半に「カンクンアップデート」が予定されていることが書かれていました。

カンクンアップデートではEIP-4844の「プロト・ダンクシャーディング」が主な内容になっています。

「プロト・ダンクシャーディング」とは簡単に言えばトランザクションの処理速度を上げるものです。

詳しい内容はこちら↓

CoinChoice(コインチョイス) - ...
イーサリアム(ETH)の2023年の開発ロードマップを理解する - CoinChoice(コインチョイス) イーサリアムはマイニングを廃止して独自プルーフ・オブ・ステークであるCasper FFGに移行したマージ(The Merge)という超大型アップデートを行いました。2023年のイーサ...

このアップデートが行われることでガス代は安くなるのではないでしょうか。

ガス代が下がればNFT界もまた活発に動きだすことができますね!

NFTについて学びたい人必見!web3に特化したオンサインサロンWICに参加しませんか?

WIC

WICでは特にweb3・NFTに特化した知識を増やすことができます。またブログの相談などもOK!

月額2000円で、コスパがいい!(1日換算すると67円)

Giveawayなどもおこなわれています

初心者大歓迎!一緒にNFTについて勉強しましょう!

web3で活躍したい人・NFT初心者の人・ブログ初心者の人に特におすすめ!!!

自分で調べるの時間かかりませんか?その時間もったいないですよ

当ブログ限定(月額2000円→1500円)

詳しくはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次