bitbank(ビットバンク)取り扱い通貨一覧

当ページのリンクには広告が含まれています。

bitbank(ビットバンク)は、日本国内を中心に高い信頼を持つ仮想通貨取引所の一つです。

その魅力の一つとして、多様な仮想通貨の取り扱いが挙げられます。

初心者から上級者まで、多くのトレーダーがビットバンクを利用して仮想通貨投資を行っています。

この記事では、bitbank(ビットバンク)で取引可能な仮想通貨の一覧と、それぞれの通貨の特徴について簡単に解説します。これを参考に、あなたの投資戦略の選択の幅を広げる手助けとしてください。

目次

bitbank(ビットバンク)とは?

ビットバンクとは?

bitbank(ビットバンク)は、日本国内で非常に人気のある仮想通貨取引所の一つです。

多くのユーザーに支持されている理由は、その使いやすさ、安全性、そして取り扱っている仮想通貨の豊富さにあります。

仮想通貨の取引量で国内No.1を誇るビットバンクは、初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。

ビットバンクの詳しい評価を知りたい人はこちら↓

bitbank(ビットバンク)の基本的なビジョンとミッション

bitbank(ビットバンク)のビジョンは、「仮想通貨を通じて、全ての人々の金融生活をより豊かにする」というもの。これを実現するために、ビットバンクは常にユーザーの利便性を追求し、安全性を最優先に考えてサービスを提供しています。

bitbank(ビットバンク)で取り扱っている銘柄一覧

bitbank(ビットバンク)で取り扱っている銘柄一覧
  1. Bitcoin (BTC)
  2. Ethereum (ETH)
  3. Bitcoin Cash (BCC)
  4. Litecoin (LTC)
  5. Monacoin (MONA)
  6. Ripple (XRP)
  7. Stellar Lumens (XLM)
  8. Basic Attention Token (BAT)
  9. OMG Network (OMG)
  10. Qtum (QTUM)
  11. Enjin Coin (ENJ)
  12. Polkadot (DOT)
  13. Dogecoin (DOGE)
  14. Symbol (XYM)
  15. Cardano (ADA)
  16. Maker (MKR)
  17. Boba Network (BOBA)
  18. Chainlink (LINK)
  19. Polygon (MATIC)
  20. Astar (ASTR)
  21. Avalanche (AVAX)
  22. Axie Infinity (AXS)
  23. Flare (FLR)
  24. The Sandbox (SAND)
  25. ApeCoin (APE)
  26. Gala (GALA)
  27. Chiliz (CHZ)
  28. Oasys (OAS)
  29. Decentraland (MANA)
  30. The Graph (GRT)
  31. Render Token (RNDR)
  32. Build N Build(BNB)
  33. Arbitum(ARB)
  34. Optimism(OP)
  35. Dai(DAI)
  36. Klaytn(KLAY)
  37. Immutable(IMX)
  38. Mask Network(MASK)

2024年4月時点では38種類の仮想通貨を取り扱っています。

bitbank(ビットバンク)の取り扱い通貨の特徴: なぜこれらの通貨が選ばれているのか?

bitbank(ビットバンク)は、国内No.1の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られています。その背後には、ユーザーのニーズに応えるための独自の通貨選定基準が存在しています。この基準により、ビットバンクは安全性、利便性、そして将来性を兼ね備えた仮想通貨のラインナップを提供しています。

bitbank(ビットバンク)の選定基準とは?

bitbank(ビットバンク)が取り扱う仮想通貨は、以下の基準を満たすものが選ばれていると考えられます。

  1. 技術的な信頼性: 通貨の背後にある技術やブロックチェーンの安定性。
  2. 市場の需要: 通貨に対する市場の関心や需要の高さ。
  3. 安全性: 通貨のセキュリティ面での信頼性や、過去のハッキングの履歴。
  4. 透明性: 通貨の開発チームや組織の透明性。
  5. 将来性: 通貨の将来的なビジョンやロードマップの明確さ。

これらの基準を元に、bitbank(ビットバンク)はユーザーに最も価値のある仮想通貨を提供しています。このような徹底した選定基準により、bitbank(ビットバンク)はユーザーの信頼を獲得し、国内No.1の取引量を誇る取引所としての地位を築いています。

bitbank(ビットバンク)で取引できる主要仮想通貨

仮想通貨は、デジタルな資産としての役割を果たすもので、これには多くの種類が存在します。bitbank(ビットバンク)で取り扱っている主要な仮想通貨として、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインが挙げられます。以下、これらの仮想通貨の基本情報とその特徴について詳しく説明します。

ビットコイン (BTC) の基本情報と特徴

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという名前の匿名の人物によって発表された、最初の仮想通貨として知られています。以下は、ビットコインの基本情報と特徴です。

  • 発行日: 2009年
  • 最大供給量: 21百万BTC
  • 特徴:
    • 分散型のデジタル通貨
    • ピアツーピアの取引が可能
    • 中央銀行や政府による発行や管理がない

イーサリアム (ETH) の基本情報と特徴

イーサリアムは、2015年にビタリック・ブテリンによって開始された、スマートコントラクトをサポートするプラットフォーム上の仮想通貨です。以下は、イーサリアムの基本情報と特徴です。

  • 発行日: 2015年
  • 特徴:
    • スマートコントラクトの実行をサポート
    • ディアプリケーション(DApps)の開発が可能
    • イーサリアムブロックチェーン上で動作するトークンを発行できる

リップル (XRP) の基本情報と特徴

リップルは、リアルタイムの国際送金を迅速かつ低コストで行うことを目的としたデジタル資産です。以下は、リップルの基本情報と特徴です。

  • 発行日: 2012年
  • 特徴:
    • リアルタイムの国際送金が可能
    • 低コストでの取引
    • 金融機関との連携が強い

ライトコインの基本情報と特徴

イトコインは、ビットコインの技術をベースに作成され、より高速な取引確認時間と改善されたストレージ効率を持っています。以下は、ライトコインの基本情報と特徴です。

  • 発行日: 2011年
  • 特徴:
    • ビットコインの技術をベースにした仮想通貨
    • 高速な取引確認時間
    • 改善されたストレージ効率

bitbank(ビットバンク)で取り扱いのあるマイナー通貨の特徴と魅力

仮想通貨の世界は、ビットコインだけでなく、多くの異なる通貨が存在しています。これらの中で、ビットコイン以外の通貨を「アルトコイン」と呼びます。アルトコインには、独自の技術やビジョンを持つものが多く、投資家やトレーダーからの注目を集めています。bitbank(ビットバンク)でも、多くのアルトコインが取り扱われており、その中から特に注目すべき3つのアルトコインを紹介します。

アルトコインとは?

アルトコインは、「Alternative Coin」の略で、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指します。アルトコインは、ビットコインの技術をベースにしているものもあれば、全く新しい技術やコンセプトで開発されているものもあります。アルトコインの中には、特定の業界や目的に特化したものも多く、その多様性が投資の魅力となっています。

ビットバンクで注目のアルトコイン4選

  • カルダノ (ADA)
    • 特徴: サードジェネレーションと呼ばれる新しいタイプのブロックチェーン技術を採用。
    • 魅力: 高いスケーラビリティとセキュリティを持ち、スマートコントラクトの実行が可能。
  • チェーンリンク (LINK)
    • 特徴: スマートコントラクトと実世界のデータを結びつけるオラクルネットワークを提供。
    • 魅力: ディアプリケーションの機能を拡張することができ、多くのプロジェクトで採用されている。
  • イーサリアム (ETH)
    • 特徴:ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行することができるプラットフォーム。
         DeFiやNFTの基盤として広く利用されている。
    • 魅力:多様なアプリケーションの開発と実行が可能で、イノベーションの中心となっている。
         高いセキュリティと拡張性を持ち、将来的な成長が期待される。
  • リップル (XRP)
    • 特徴:銀行間の国際送金を迅速かつ低コストで行うことを目的とした通貨。
         一部の銀行や金融機関での採用が進んでいる。
    • 魅力:伝統的な金融システムとの連携を強化し、国際送金の効率化を実現している。
         独自のコンセンサスアルゴリズムにより、取引の確認速度が非常に速い。

取り扱い通貨の選び方: 投資を始める前に知っておきたいポイント

仮想通貨投資は、その高いリターンの魅力から多くの投資家の注目を集めています。しかし、高いリターンを追求する一方で、それに伴うリスクも高まることを理解することが重要です。bitbank(ビットバンク)で取り扱われている多くの仮想通貨の中から、自分に合った通貨を選ぶためのポイントを以下に紹介します。

リスクとリターンのバランスを理解する

仮想通貨投資の基本的な原則として、リスクとリターンは表裏一体であると理解することが重要です。高いリターンを期待する通貨ほど、価格の変動が激しく、リスクも高まる傾向があります。そのため、自分のリスク許容度に合わせて、投資する通貨を選ぶことが求められます。

  • ポイント:
    • 投資する前に、自分のリスク許容度を明確にする。
    • 高いリターンを追求する場合、それに伴うリスクも受け入れる準備が必要。

通貨の背後にある技術やビジョンを評価する

仮想通貨は、その背後にある技術やビジョンによって、その価値が決まると言っても過言ではありません。新しい技術や独自のビジョンを持つ通貨は、将来的な成長の可能性が高いとされます。しかし、その一方で、技術的な問題やビジョンの不明確さから、価格が大きく下落するリスクも存在します。

  • ポイント:
    • 通貨の白書や公式サイトを参考に、その技術やビジョンを詳しく調査する。
    • 投資する通貨の開発チームやコミュニティの活動状況を確認し、その信頼性を評価する。

仮想通貨投資を成功させるためには、これらのポイントをしっかりと理解し、冷静な判断で通貨を選ぶことが重要です。

bitbank(ビットバンク)の取引手数料: 各通貨ごとの手数料情報

bitbank(ビットバンク)は、多くの仮想通貨を取り扱っている日本の主要な取引所の一つです。取引所を選ぶ際の重要なポイントとして、取引手数料が挙げられます。手数料は、取引のコストとして直接影響するため、投資家にとっては非常に重要な要素となります。以下、bitbank(ビットバンク)での各通貨ごとの手数料情報と、その節約方法について詳しく説明します。

bitbank(ビットバンク)の手数料一覧

現物取引手数料Maker:-0.02%, Taker:0.12%(一部銘柄を除く)
最小取引数量
(ビットコイン)
現物取引(販売所):0.00000001 BTC
現物取引(取引所):0.0001 BTC
販売所手数料無料
入金手数料無料
出金手数料550円/770円(3万円以上)
送金手数料
(ビットコイン)
0.0006BTC
取扱仮想通貨数31種類(2023年10月時点)

他社との比較や詳しい手数料が知りたい方はこちらから↓

手数料を節約するためのヒント

  1. Maker取引を行う: bitbank(ビットバンク)では、Maker取引だと取引手数料がマイナス(一部銘柄を除く)となります。
    そのため、takerではなくmakerで取引を行うようにしましょう
  2. キャンペーンを利用する: bitbank(ビットバンク)では、定期的に手数料割引のキャンペーンを実施しています。
    キャンペーン情報をチェックし、タイミングを見計らって取引を行うことで、手数料を節約することができます。
    過去には手数料が無料になるキャンペーンも実施されていました。

まとめ: ビットバンクでの仮想通貨取引のメリットと注意点

bitbank(ビットバンク)は、日本国内での仮想通貨取引の主要プレイヤーとして、多くのユーザーに支持されています。その魅力や利点、そして取引を行う際の注意点などを総括してみましょう。

bitbank(ビットバンク)を選ぶ最大の理由

  1. 多様な通貨の取り扱い: bitbank(ビットバンク)は、主要な仮想通貨はもちろん、注目のアルトコインも多数取り扱っています。これにより、多様な投資戦略を組むことが可能です。
  2. 安全性: 高いセキュリティを持つ取引所として知られており、ユーザーの資産を守るための様々な対策が施されています。
  3. 使いやすいインターフェース: 初心者から上級者まで、多くのユーザーが取引を行いやすいシンプルで直感的なインターフェースを提供しています。
  4. 情報提供: 最新の取り扱い通貨情報や市場の動向など、投資家にとって有益な情報を提供しています。

トレード時の注意点とアドバイス

  1. リスク管理: 仮想通貨の価格は非常に変動が激しいため、投資する際はリスクを十分に理解し、適切なリスク管理を行うことが重要です。
  2. 情報の確認: 公式な情報はbitbank(ビットバンク)の公式サイトや公式SNSを通じて確認し、信憑性の低い情報には注意を払うことが必要です。
  3. 手数料の確認: 取引を行う前に、取引手数料や出金手数料などのコストを確認し、トレードの計画を立てることが推奨されます。
  4. 長期的な視点: 仮想通貨投資は短期的な価格変動が激しいため、長期的な視点での投資を考えることが良いでしょう。

bitbank(ビットバンク)での取引は、その多様な通貨の取り扱いや高いセキュリティなどのメリットがありますが、トレードを行う際には上記のような注意点を心がけることで、より安全かつ効果的な投資活動を行うことができるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次