ビットコインを買うなら販売所・取引所どっち?|手数料・スプレッドの比較

当ページのリンクには広告が含まれています。

販売所ってなに…
取引所ってなに…
販売所・取引所に違いあるの…

このような方の悩みを解決していきます!

販売所と取引所の違いを知らないと手数料が多くかかってしまいます。

この記事を読んで損しないようにビットコインを購入しましょう!

目次

販売所と取引所どっちがいいの?

いきなりですが今から2つの画像を出します。

赤枠で囲ったビットコインの購入金額を見比べてください。

あなたはどちらで買いたいと思いますか?

取引所と販売所の値段の差
取引所と販売所の値段の差

左(上)の方が右(下)に比べて断然安いのがわかると思います。

これ左が取引所で右が販売所のビットコインの購入価格になっています。

もう言わなくてもわかりますよね…

取引所の方がビットコインをお得に買えます!

今まで販売所でビットコインを買っていたという人、損してますよ。

これからは取引所でビットコインを購入するようにしましょう。

なんで運営会社は同じなのにこんなに差があるの?

このように思う人もいるでしょう。

取引所と販売所の違いを解説していきます。

・販売所と取引所の違い
・スプレッドとは?
・販売所の手数料無料とは?

販売所と取引所の違い

冒頭で見せた画像をもう一度見せますね。

【取引所】

【販売所】

取引所と販売所の値段の差
取引所と販売所のビットコインの値段の差

取引所と販売所ではなぜこのような差が生まれてしまうのでしょうか?

わかりやすく図で説明していきます。

販売所の説明

販売所のスプレッドの説明

販売所は売り手と買い手の間に運営企業が入っています

売り手は運営企業に仮想通貨を売り、

買い手は運営企業から仮想通貨を買います。

運営企業を間に挟むことによってスプレッドが発生し、仮想通貨の値段があがってしまうのです。

*スプレッドについては後程説明します。

取引所の説明

取引所のスプレッドの説明

取引所は買い手と売り手は直接売買しています。

そのため、お互いが合意した値段での取引となります。

結果として販売所よりも取引所の方が安く購入することができるのです。

スプレッドとは?

スプレッドってなんだよ?と思う方も多いと思います。

簡単に言ってしまうと、スプレッドとは運営企業の取り分のことです。

先ほどの図をもう一度見てみましょう。

販売所のスプレッドの説明

ここで売り手が1ビットコインを300万円で売ったとします。

まずは運営企業が300万円で購入します。

その後運営企業は1ビットコインを302万円で売るとします。

そしたら302万円-300万円=2万円の運営企業の利益となります。

この2万円がスプレッドと言われています。

スプレッドはどこの取引所を使うかによって異なるので仮想通貨を購入する際には注意をしましょう。

販売所手数料の無料の罠

よく販売所の手数料無料というのを見ませんか?

見たことある人なら思うはず…

取引所よりも販売所の方が安く買えるはずじゃない?

実際に私もそのように思っていました。

最初に見せた2枚の写真からもわかるように実際は取引所の方がお得です。

なぜなのでしょうか?

理由はスプレッドの方が手数料よりも高く設定されているからです。

取引所販売所
・手数料はかかる
・スプレッドはない

・全体的に安くビットコインが買える
・手数料無料
・スプレッドはかかる
・ビットコインの値段が高くなる

取引手数料は0.01~0.1%前後に設定されています。

一方スプレッドは2~10%の間に設定されていることが多いです。

一目瞭然ですが手数料が無料になるよりもスプレッドがない方が圧倒的にお得になる訳です。

結論:仮想通貨購入は取引所を使おう

取引所の方が安く買える
販売所にはスプレッドがある
スプレッドは手数料よりも高く設定されている

以上が取引所と販売所の違いとなります。

この違いを知らないで使っている人は多いのではないでしょうか?

今まで販売所で買っていた人やこれから仮想通貨を買おうとしている人は取引所を使い、損なく仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨取引所っていっぱいありますよね。

おすすめの仮想通貨取引所はこちらです↓

NFTの購入を検討いる方や購入の仕方がわからないで悩んでいる方はこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次