ノーコードでNFTを作る!ThirdwebとManifoldの使い方と違いを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

NFT自分で作るの難しそう…

こんなこと思ったりしませんでした?

実は簡単にできます。もちろんプログラミングの知識なんていりません。

今回はNFTの作り方からミントサイトの公開までまとめていきたいと思います。

これを見て学べば、あたなだけのコレクションを作ることができます!

目次

NFTを作る際に使うツール

まずはツールの紹介をしていきます。

ここでは2つ紹介していきます。NFTに追加できる機能が異なるので、目的にあったツールを選びましょう。

①Thirdweb

Thirdwebにアクセスするhttps://thirdweb.com/dashboard

Thirdwebで出来ること

①写真・イラスト等をNFT化

②ミントサイトを作る

③リビール機能を付ける

④ミント時にガスレス(自分負担)にすることができる。

②Manifold

Manifoldにアクセスするhttps://studio.manifold.xyz/

Manifoldで出来ること

①写真・イラスト等をNFT化

②ミントサイトを作る

③Redeem(バーンして新しいNFTを迎える)

④オークションページを作れる

どちらを使えばいいのか

ThirdWebがおすすめな人

・polygonチェーン(MATIC)でNFTを作りたい人

・リビール機能を付けたい人

・ガスレスのミントにしたい人

Manifoldがおすすめな人

・Redeem機能を付けたい人

・オークションページを付けたい人

チェーンや機能でどちらを使うのか決めていきましょう。

NFTを制作する前の準備 *ThirdWebでジェネを作る場合

NFTを作る前にNFT化する写真やイラストを準備しておきましょう。

一枚のイラストだけをアップロードする場合は特にすることがありません。

複数のイラストをアップロードする人はファイルを作る必要があるので、ファイルの作り方を解説していきます。

STEP
イラストのファイル名を変更する

NFTするイラスト入れるフォルダーを作成してください。

そのなかにイラストのデータを入れていきます。

ファイル名は1.png 2.pngなどにすると後々便利です。

STEP
イラストのデータをPintaにアップロード

Pintaにアクセスしてくださいhttps://www.pinata.cloud/

アカウントの作成が必要になると思いますので必要事項を入力して、アカウントを作ってください。

そしたら右上の「Add Files」→「Folder」をクリック

その後先ほど用意してたフォルダーをアップロードしてください。

「Name(なんでもいい)」→「Upload」をクリック

STEP
URLをコピー

アップロードするとこのようにURLが表示されるのでコピーしてください

STEP
スプレッドシートでCVSファイルの制作

画像のようにスプレッドシートに入力してください。

imageのURLの書き方は注意してください。詳しくはコチラ

NAME:NFTの名前

Description:Openseaの詳細に表示される説明文

image:ipfs://先ほどコピーしたURL/ファイル名(例:1.png)

ファイル名の数だけ作ってください。

自分の場合: ipfs://QmUgZtMR7jArnETX3hTF3Na77nUpBCcJVtwCTU6jJyg76k/1.png

ipfs://QmUgZtMR7jArnETX3hTF3Na77nUpBCcJVtwCTU6jJyg76k/2.png

「ipfs://」画像には入ってませんが必要です。

STEP
CSVファイル形式でダウンロードする

「ファイル」→「ダウンロード」→「CSV」でダウンロード

これでファイルの準備は完了しました。

ThirdWebの使い方

STEP
Thirdwebにアクセスし、Walletを接続する

https://thirdweb.com/dashboard

右上のConnect walleteから接続してください

STEP
デプロイを行う

「contracts→Deploy cntract」の順にクリック

「NFT Drops→Depoly now」の順にクリック

STEP
コレクション情報を入力する

Openseaのコレクションページと連動しています。

番号が対応しているところに画像や情報が入るので右側のOpenseaのページを見ながら入力してください

Royaltiesですが、Opensea上で取れなくなったので0%のままでOKです。

最後にチェーン選択をしてください。

初めてNFTを作る際にはGoerliにすることをおススメします。

Goerliはテストネットです。
GoerliETHは無料でもらえるので、初めてNFTを作る際にはコチラで試してからメインネットで行うようにしましょう。
GoerliETHはここで無料でもらえます
自分のWalletアドレスを入力して「send me ETH」をクリックすると送られてきます。

「チェーンの選択」→「Deploy Now」をクリック

メタマスクが起動するので「確認」→「署名」

STEP
NFTのデータをアップロードする

①一点物のNFT
②ジェネラティブNFT 

2つの方法があるので自分のやりたい方を選択してください。

①一枚のイラストをNFTにする場合

「NFTs」→「single upload」をクリック

Name、media、Descriptionを入力します。

コチラを参考に入力してください.

MediaはイラストのファイルをアップロードすればOK

その後、下にある「Lazy mint NFT」をクリックしてください。

メタマスクが起動するのでガス代を確認して署名してくだい。

②複数のイラストアップロードする場合

「Batch Upload」をクリック

先ほど用意したファイルをアップロード

ファイルの用意の仕方はコチラ

画像等が間違ってないか確認して「Next」をクリック

STEP
リビールの設定

①Reveal upon mint→リビールなし

Uploadを押すとメタマスクが起動するのでガス代を確認して署名をすれば終わりです。

②Delayed Reveal→リビールあり

Password:リビールする際に必要となります。覚えておいてください

Confirm passward:もう一度Passwordを入力してください

image:リビール前(ミント時)の画像をアップロードしてください。

Name:リビール前のNFTの名前を入力してください

Description:NFTの説明を入力してください

入力が終わったら「Upload」をクリック。メタマスクが起動するのでガス代を確認して署名をしてください。

STEP
ミント条件の設定

「Claim conditions」→「add Phase」をクリック

Public:誰でもミントできる

public(with allowlist):一般の人とALを持つ人それぞれでミント数を設定できる

allwlist only:ALを持っている人限定

Only Owner:オーナー限定

今回はPublicについて解説していきます。

画像を参考に入力していきましょう。

入力をおえたら「save Phases」をクリック。メタマスクが起動するのでガス代を確認して署名してください。

STEP
ミントサイトの確認

次に「Embed」→「Embed Code」を確認

Embed Codeのsrc=の後のURLをコピーしてください

先ほどコピーしたURLのページに行くとミントサイトができています。

このURLを共有してミントしてもらいましょう。

STEP
リビールを実行する

リビールをしたいタイミングでこの作業を行ってください。

「NFTs」→「Reveal NFT」をクリック

Passwordを入力して「Reveal NFTs」をクリック

メタマスクが起動するのでガス代を確認して署名してください。

これでリビールの作業が完了しました。

画像が変わっていればOK

これがThirdwebを使ってNFTを作ってからミントサイトを作るまでの一連の流れでした。

Manifoldの使い方

STEP
Manifoldにアクセス

アクセスするhttps://manifold.xyz/

右下の「studio login」をクリックしてアカウントを作成しましょう。

STEP
NFTをデプロイしていく

「New Contract」をクリック

①コレクション名を入力

②トークンシンボルを入力

例) CryptoNinja PartnersならCNP

③アスキーマークを入力(どのようなものでもいい)

ここで作ることができます↓

https://patorjk.com/software/taag/#p=display&f=Graffiti&t=Type%20Something%20

テストネットまたはメインネットを選択して「Deploy」をクリック

ミントサイトなどはメインネットでしか作ることはできません。

そしたらこのような画面になるのでしばらく待ちましょう。

メタマスクへの署名が求められるので、署名をしてください。

STEP
イラストのデータをアップロードする

「Tokens」をクリック

「Create」をクリック

「Single Token」または「Batch of Tokens」をクリック

Single:一枚のイラストをNFTにする

Batch of Tokens:複数のイラストをNFTにする。

1.まずはSingle Tokenから

①:イラストのファイルをアップロードする

②:NFTの名前

③:NFTの説明

①②③を入力してください。

入力が終わったらテストネットまたはメインネットでミントみましょう。

Airdrop:他人のウォレットにミントする

Myself:自分のウォレットにミントする

メタマスクが起動するのでガス代を確認して署名してください。

2.Batch of Tokens

Artwork Title:NFTの名前

Artist Name:作成者名

Description:NFTの説明

を入力して「Confirm」をクリック

イラストデータをアップロードしていきましょう。

できたらこんな感じ

タイトルなどがあっているのを確認しましょう。

STEP
ミントサイトを作る

*メインネットでのみしかミントサイトは作れません

「CREATE AN OPEN EDION」をクリックし、インストールしてください。

「New Claim Page」をクリック

コントラクトを選択→「Next」

①②③を入力してください

次にミントサイトを作成していきましょう。

画像のように埋めてみました。

次にミント価格やミント日の設定をしていきましょう。

最後に間違いがないか確認をして右上の「Publish」をクリック

こんな画面になるのでしばらく待ちましょう。

メタマスクで署名が必要になるので行ってください。

処理が終わったら右上のミントサイトを確認しましょう

このような感じに表示されました。

このURLを共有すればミントしてもらえます。

Redeemの設定

ManifoldではRedeemといってNFTをbrunして新たなNFTをミントする機能を付けることができます。

ここではそのやり方を解説していきます。

STEP
Redeemをインストール

「Apps」→「Burn Redeem」をクリックしてインストール

STEP
Redeemの設定

右上の「New Burn Redeem」をクリック

Etherum Mainnetを選択してNEXTをクリック

Redeem後のNFT情報を入力していきます。

複数のイラストをアップロードはできないみたいです。

Burnするトークンを設定していきます。

「Other Contract」または「Your Contracts」を選択

*今回はYour Contractsにしたら自分の作ったコントラクトが表示されなかったのでOther Contractで行いました。

burnしたいNFTのコントラクトアドレスを入力

All Tokensを選択をする。

価格や数量・日時の設定を行います

Burnサイトの設定を行います。

このような感じに埋めていきましょう。

Publishをクリックして、メタマスクに署名をすると完了です。

STEP
サイトを確認する

このような感じのサイトになっているはずです

これでBurm Redeemを行うことができます。

このURLを共有すれば完了です。

まとめ

以上がThirdWebやManifoldではの使い方でした。

それぞれできることが異なるので、自分の搭載したい機能を吟味したうえで使ってみてください。

また分からないことがあれば@luka_202312のDMまでご連絡もらえればサポートします。

当ブログ限定のキャンペーン!

WICはweb3・NFTに特化したオンラインサロンです。月額たったの2000円!一日あたり67円です!

NFT・web3はわかないこと多いですよね。

WICではどんなに些細な質問をしてもOK!

丁寧にわかるまで教えてくれます。

web3・NFTを勉強して一緒に楽しみませんか?

web3で活躍したい人・NFT初心者の人・ブログ初心者の人に特におすすめ!!!

自分で調べるの時間かかりませんか?その時間もったいないですよ

当ブログ限定で月額2000円のところ最初の二か月間は25%OFF!

参加はこちらから(月額2000円→1500円)

\ 1日67円で参加できる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次