メタマスクのリボーク(Revoke)とは?リボークの重要性とやり方を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

リボークってなに…
リボークのやり方を知りたい…
どんな時に必要なの?

メタマスクをリボークすることで仮想通貨やNFTの抜き取りを阻止することができます。

最近は仮想通貨が社会に浸透し始めてきた半面、仮想通貨の詐欺が多発しています。

この記事では仮想通貨のトラブルにあわないようにリボークの重要性やそのやり方を解説していきます。

メタマスクのダウンロードはコチラから↓

コインチェックで口座を開設しよう

仮想通貨取引やNFTを始めるにあたり、仮想通貨の取引所の口座開設が必要となります。

仮想通貨取引所の開設を済ませて準備をしましょう!

おすすめはコインチェック!500円と少額から仮想通貨の取引を行えます!

\4年連続アプリダウンロード数No.1/

目次

メタマスクのリボークとは?

メタマスクのリボークとは?

リボーク(Revoke)とは、仮想通貨ウォレット(メタマスクなど)において、他のサイトやサービスへの接続を解除し、操作権限を取り消すことを指します。

一般的には、ウォレットを他のサイトにApprove(承認)することで、そのサイト側で仮想通貨やNFTを操作する権限が与えられます。

しかし、万が一悪意のあるサイトに接続してしまった場合、自分の資産が危険にさらされる可能性があります。

リボーク機能は、こうしたリスクを防ぐために重要です。ウォレットの接続先から解除することで、他のサイトでの操作権限を取り消すことができます。これにより、自分の資産を不正な操作から守ることができるのです。

特にDeFiなどの金融サービスを利用する際には、承認したコントラクトの取り消しや撤回を行うことが重要です。承認を行うと、そのプロダクトが資金にアクセスできる場合があるため、リスクが増すこともあります。

悪意のあるプロダクトに対して承認を行った場合、資産の紛失など大きな被害を受ける可能性があるため、リボークはセキュリティ上重要な手段となります。

リボークを行うことで、安全に仮想通貨やNFTを運用し、悪意のある行為から資産を守ることができます。NFTゲームやDeFiなどを利用する際には、リボークの活用を意識して、安全で快適な取引環境を築くことが重要です。

メタマスクの公式もリボークを推奨しているよ

メタマスクでリボークが必要な理由

メタマスクでリボークが必要な理由

一度承認した権限は、リボーク(取り消し)しない限り永続的に残るという重要な点があります。

ウォレット(メタマスクなど)を他のサイトにApprove(承認)すると、そのサイトが所有するスマートコントラクトに対して仮想通貨やNFTを操作する権限が付与されます。

そして、この承認は一度行うと、そのサイトとの関係が永続的に残るため、何も対処しない限り解除されることはありません。

このため、特に信頼性のないサイトや詐欺サイトにApproveしてしまった場合、自分の資産はそのサイトのスマートコントラクトによって不正に操作されるリスクが常に存在します。

仮想通貨やNFTは一度操作されてしまうと取り戻すことが困難であり、被害を受けた場合のリカバリーは難しいことがあります。

リボーク機能の重要性は、こうしたリスクを防ぐために必要です。リボークを行うことで、接続先のサイトとの関係が解除され、自分の資産を保護することができます。

信頼性のあるサイトでしかApproveしないようにするだけでなく、不要な承認を定期的にリボークする習慣を持つことがセキュリティを確保するために重要です。

メタマスクの公式Twitterでは、定期的なリボークの重要性を強調しており、悪意のあるサイトに対しては即座にリボークするよう推奨しています。

リボークを活用し、慎重なセキュリティ対策を行うことで、自分の仮想通貨やNFTを守り、安全に楽しむことができます。

メタマスクでのリボーク(Revoke)のやり方

メタマスクでのリボーク(Revoke)のやり方
リボーク(Revoke)のやり方

①Revoke.cashを使う
②各チェーンのScan(例えばEtherScan)などを使う

リボークのやり方はこの2通りあります。それぞれのやり方を見ていきましょう。

①Revoke.cashを使う

まずはRevoke.cashにアクセスして、ウォレットを接続しましょう。

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

次に使用しているウォレットを選択してください。ほとんどの人はメタマスクだと思います。

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

そうするとメタマスクが起動するので「パスワードの入力」→「次へ」→「接続」の順に進んでください

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

メタマスクの接続が完了したら次のような画面になると思います

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

そしたらリボーク(取り消し)したいものを探してください。

リボークしたいものが見つかったら「取り消す」を選択

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

メタマスクが起動するので承認をクリック

Revoke.cashを使ってリボークのやり方

これでリボークが完了しました。

以上がRevoke.cashを使って、リボークする方法です。

②各チェーンのScan(例えばEtherScan)などを使う

次は各チェーンのScanを使ってリボークする方法を解説していきます。

今回はEtherScanを使ってリボークする手順の紹介です。

STEP
EtherScanにアクセス

まずはEtherScanにアクセスしましょう。

EtherScanを使ってリボークのやり方

そしたら右上にある「More」を選択してください

EtherScanを使ってリボークのやり方

次に「Token Approvals」を選択してください。

EtherScanを使ってリボークのやり方
STEP
ウォレットを接続する

この画面になったら「Connect to Web3」をクリックしてください。

EtherScanを使ってリボークのやり方

そうするとこのような文が出てくるので「OK」をクリックしてください。

*ベータ版なので問題が起きても責任は取りませんという内容になってます。

EtherScanを使ってリボークのやり方

その後にメタマスクを選択してください。

EtherScanを使ってリボークのやり方

パスワードを入力」→「次へ」→「接続」の順で選択してください

EtherScanを使ってリボークのやり方
STEP
リボークをする

そしたらこのような画面になるのでリボークしたいものを見つけてください。

EtherScanを使ってリボークのやり方

リボークしたいもが見つかったら、「Revoke」を選択

EtherScanを使ってリボークのやり方

このようなあ画面が出てくるので「Revoke」をクリックしてください

EtherScanを使ってリボークのやり方

発生する手数料(ガス代)が表示されるので確認して「承認」をクリック。

EtherScanを使ってリボークのやり方

これでリボークが完了しました。

以上がEtherScanを使ってリボークする手順の紹介でした。

メタマスクでリボークするタイミング

メタマスクでリボークするタイミング

・怪しいURLでメタマスクを接続してしまった時
・新規・知名度の低いプロジェクト
・詐欺サイトでメタマスクを接続した時
・終了したサービスやプロジェクト

URLを確認するとプロジェクトで公開されているURLと異なることがありあます。その場合は詐欺サイトの可能性が高いので、気づいたらすぐにリボークしましょう。

また新規プロジェクトや知名度の低いプロジェクトではセキュリティ対策が万全でない可能性があります。安全のためにもリボークをすることをお勧めします。

Openseaなどの承認は安全ですのでリボークはしなくて大丈夫です。

定期的にリボークを行おう

毎月や3か月に一回など自分で頻度を決めてリボークを行いましょう。

気づかないうちに危険なサイトに接続していることも考えられます。ですので、定期的にリボークをすることをおススメします。

また、詐欺サイトに接続した場合はすぐにリボークを行ってください。

リボークに関するよくある質問

リボークに関するよくある質問
リボークにはガス代がかかりますか?

少額ですがガス代はかかります。ガス代は時間によって変動するので安いタイミングを見計らってリボークをいするのをお勧めします。

リボークしなかったらどうなりますか?

最悪の場合はウォレットの中身を全て抜き取られてしまいます。

全ての承認をリボークする必要はありませんが、怪しいものはリボークしておきましょう。

詐欺ではないものリボークしたどうなりますか?

必要なサービスをリボークした場合、その機能が利用できなくなります。

改めて接続しなおしましょう。

まとめ:リボークをして安全に仮想通貨・NFTを楽しもう

今回はメタマスクのリボークのやり方について解説しました。

リボークが必要になった時に初めてリボークをやると、焦ってうまくできない場合があります。

そうならないようにこの記事を読んだら試しに一回やってみましょう。

NFT・DeFiをやっている人は定期的にリボークをするのをお勧めします。

リボーク以外にも詐欺対策を知りたい方はコチラ↓

コインチェックの口座開設をしよう

仮想通貨取引やNFTを始めるにあたり、仮想通貨の取引所の口座開設が必要となります。

仮想通貨取引所の開設を済ませて準備をしましょう!

おすすめはコインチェック!500円と少額から仮想通貨の取引を行えます!

\4年連続アプリダウンロード数No.1/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次