【年利12%は怪しい?】PBRLending とは?|始め方やメリットとデメリットを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

年利12%は高すぎない?

PBRレンディングがなぜ高年利で運営できるのか見ていこう!

PBRレンディングの利息

最初は怪しいと思っていたけど、こんな感じで増えているよ!


サービス名PBR Lending
運営会社PortobelloRoad(ポートベローロード)株式会社
取り扱い通貨BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ADA(エイダコイン)
USDT(USテザー)
USDC(USコイン)
XRP
年利通常プラン:10%
プレミアムプラン:12%
最低貸出期間通常プラン:1か月
プレミアムプラン:1年
PBRレンディングを始める
PBRレンディングを始める

こんな人におすすめ!

副業したいけど時間がない人
仮想通貨を保管している人
楽して資金を増やしたい人

\放置しているだけで仮想通貨を増やそう/

目次

PBRレンディングは怪しい?

PBRレンディングは怪しいという人もいます。

PBRレンディングが怪しいと言われる理由は以下の2つです

PBRレンディングが怪しいと言われる理由

①年利12%と高すぎる
②金融庁に登録していない

この2つについて解説していきます。

①PBRレンディングってなんで高年利が実現できるの?

なんで高年利が実現できるの?

PBRレンディングはまだサービスを開始して日が浅いです。

そのため、新規顧客を集めるために高年利で運営をしています

最高料率を実現出来る理由は『ユーザーへの還元率を高める為にプラットホーム側(弊社)の利益率の下限追求』という企業努力が一つ目に挙げられます。ただ、この部分は先行投資と考えておりますので、利回りブースト自体はあくまで本サービス先行者様の期間限定のプレミアムとして提供しております。よって将来的なアナウンスにより、利率の変更が行われる事があります。予めご了承下さい。

PBRレンディング公式より

ある程度顧客が増えたら年利は下げられる可能性があるね。

このような理由であればPBRレンディングが高年利なのも納得なのですね。

逆に今のうちに始めておくと先行者優位が取れますね。

②金融庁に登録していない

PBRレンディングは金融庁に登録していません。そのため、怪しいと言われています。

金融庁の登録を受けている業者一覧はこちらから「暗号資産交換業者登録一覧

PBRレンディングは以下の理由で金融庁に登録しなくてもよいと考えられます。

事業者が利用者の暗号資産を移転するための秘密鍵の一部だけを持っていて、その秘密鍵だけでは暗号資産を移転できない場合、事業者は実質的に利用者の暗号資産を移動させることができません。そのため、このような事業者は、資金決済法において「他人の暗号資産を管理する」とは見なされないと考えられます。
つまり、事業者が暗号資産の完全なコントロールを持っていない場合、資金決済法の該当範囲外となる可能性が高いです。

PBR Leandingとは?

PBRレンディングによる仮想通貨の利子

そもそもレンディングってなに?
なんか難しそうな気がする…

レンディングは預けるだけで難しい知識を必要としないよ!

レンディングとは

仮想通貨を預けるだけでOK!
難しい知識を必要としない

レンディングとは、仮想通貨を貸出して、利息を得るサービスのことです。

銀行に預金するのと同じイメージだよ

レンディングは難しい知識を必要としないため注目を浴びています!

副業したいけど時間がない方やトレードは難しいそうだと思っている初心者の方にはお勧めです。

銀行に預けるよりもお得!

現在、銀行の年利はだいたい0.002%です。

一方、PBRレンディング驚異の10%!

銀行に預けておくよりも5000倍もお得となっています!

銀行にお金を預けておくよりお得です!

ただし仮想通貨は、価格変動が大きく価値が下がることもあれば、逆に大幅に上がることもあります。

リスクとベネフィットどちらもあることを忘れないようにしましょう。

ビットコインは今後まだ価値が上がると言われているので今がチャンスかもしれません…

PBRレンディングの二つの運用プラン

二つの運用プラン
  • 通常プラン
  • プレミアムプラン

PBRレンディングには二つの運用プランがあります。

通常プラン

通常プランはPBRレンディングに登録したら利用できるようになるプランです。

通常プランは以下の通りです。

年利10%
最低貸出枚数BTC:0.01BTC
ETH:0.1ETH
ADA:500ADA
USDT:300USDT
USDC:300USDC
XRP:500XRP
貸出期間1か月~
返還日数返還申請を行った翌月待つから10営業日以内
(約1か月半)

プレミアムプラン

プレミアプランは通常プランに比べて年利がアップします。

プレミアムプランは以下の通りです

年利12%
最低貸出枚数BTC:0.16BTC
ETH:2.25 ETH
ADA:8,500 ADA
USDT:3,500 USDT
USDC:3,500 USDC
XRP:2000XRP
貸出期間1か月~
返還日数返還申請を行った翌月待つから10営業日以内
(約1か月半)

プレミアムプランは年利が2%アップする分最低貸出枚数が多くなります。

また、貸出期間も1年と長期間の貸し出しになります。

まずは通常プランを試してみてからプレミアムプランに移行するのがいいね!

BitLendingとの比較

今までレンディングサービスで主流であったのはbitレンディングです。bitレンディングとPBRレンダリングの年利の違いをまとめました。

PBR Lending
bit Lending
  • 年利10%
  • 返還までに約1か月半
  • 年利8%
  • 返還までに一週間

PBR Lendingはビットコインやイーサリアムでは10%とbit Lendingに比べて2%も年利が高くなっています。

BTCやETHをレンディングする場合はPBRレンディングのほうがお得ですね!

またPBRレンディングとbitレンディングでは返還日数にも違いがあります。

PRBレンディングは返還申請してから約1か月半後に返還されるのに対し、bitレンディングは1週間ほどで返還されます。

PRBレンディングの方が返還には日数がかかります。

返還日数ではすぐに返還されるbitレンディングの方がいいですね。

ビットレンディングのについて知りたい方はこちら↓

他のレンディングサービスとの比較

取引所名年利
Coincheck(コインチェック)最大5%
SBIVCトレード詳細は公式サイトを参照
GMOコイン3%
LINE BITMAX3%~8%
BITPOINT(ビットポイント)キャンペーンによって異なる

他のレンディングサービスではキャンペーンごとに利回りが変わってきます。

長期間・高年利なのはPBRレンディングの魅力ですね

ステーキングに関してはこちら

レンディングに似たサービスにステーキングがあります。

レンディングは、あなたが不動産を所有しており、それを他人に貸し出して家賃を受け取ることと似ています。あなたは所有している不動産を活用して収益を得ることができますが、それを貸し出すことで一定のリスクがあります。

一方、ステーキングは、あなたが特定の企業の株式を保有し、その企業の成長に貢献していることで配当を受け取ることに似ています。あなたが株主であることで企業の成功に利益を得ることができますが、その企業がリスクを抱えている場合もあります。

ステーキングについてもっと詳しくしたい方はコチラ↓

PBR Lendingのメリット

PBRレンディングのメリット

年利の高さ
契約は1か月~可能
ハッキング対策が万全

年利の高さ

PBR レンディングのメリットといえば年利の高さ!

レンディングサービスの中では最高クラスの10%です。

銀行に預けた際と比べた5000倍もお得に!

なぜほかの取引所と比べて利回りが良いのでしょうか?

それはPBRレンディングではほかの取引所と違いレバレッジ取引などに回さない分、高い年利を実現しているのだ!

つまり、PBRレンディングに特化しているからということです!

\年利10%で運用できるのはPBRレンディングだけ/

運用は1か月から

PBRレンディングでは契約は最短で1か月~できます。

一度に長期間の契約はリスクが大きいですよね…

短い期間での更新が行えるのでリスクを最小限に抑えることが可能です。

もちろん更新料や手数料は発生しません!

契約は自動更新なので1度預けたら放置していればOK!

そして、返済申請はいつでも可能!好きなタイミングで申請できるので安心ですね。

この表は、年利が10%の場合に単利運用と複利運用で100万円の元本がどのように成長するかを比較したものです。複利運用の方が成長がより速いことがわかります。

単利運用では毎年同じ利子が加算されますが、複利運用では利子が元本に加えられ、その結果、利子も増え続けるためです。

高い技術力で安全性が高い

国内トップクラスの技術力をもつ開発チームが、ハッキングなどを徹底的に対策!

仮想通貨を触ったことがある人ならば知っているかもしれませんが、

メタマスクのハッキングで資産を抜き取られたなどをよく聞きます。

仮想通貨の取引を行う際に最も注意しなければならないのハッキング・詐欺です。

PBRレンディングは高い技術力により防犯対策をしっかりと行っています。

資産のリスクコントロールに最大限の注意を払っているため、安心して仮想通貨を預けることができます。

貸出申請はいつでも可能

PBRレンディングは貸出申請がいつでも可能で、申請を行ったら1~2日ほどで運用を開始することができます。

他のレンディングサービスでは貸出申請ができる期間が決まっていることが多く自分の好きなタイミングで始めることができません。

PBRレンディングは常時申請・最短1か月の運用なので気軽にできます。

PBRレンディングのデメリット

PBRレンディングにはもちろんデメリットは存在します。

PBRレンディングのデメリット

・情報が少ない

・返還に時間や手数料がかかる

・住所がレンタル(バーチャル)オフィス

・単利運用にされてしまった

・PBRレンディングにもリスクはある

以下デメリットの詳細になります。

情報が少ない

PBRレンディングは2022年の12月にサービスを開始しました。

ですので、まだあまり情報が出ていないのが現状です。

今のところ悪い噂は出ていないので心配する必要はないと思います!

返還に時間や手数料がかかる

PBRレンディングは最短でも返還に1か月以上かかります。

そのため、必要になったからと言って返還申請してもすぐに戻ってこないので注意してください。

また、返却時には各ネットワークごとに設定されている使用料(手数料)がかかります

通貨手数料
BTC0.0005BTC
ETH0.00625ETH
USDC1USDC
USDT1USDT
ADA1ADA

これ以外にも取引所からPBRレンディングの口座に仮想通貨を送金する際に送金手数料がかかります。

手数料負けには注意して返還申請を行いましょう。

送金手数料無料の取引所

・GMOコイン
・ビットポイント

この2つは送金手数料が無料の取引所となっています。

PBRレンディングの口座に送金する際にはこちらの取引所から送金するのがおすすめです。

私のおススメGMOコインです。

GMOコイン

ビットコインの購入するためには取引所の口座が必要となります。

おすすめなのがGMOコイン!

取引所からPBRレンディングに送金する際に多くの取引所では送金手数料がかかってしまいます。

しかし、GMOコインは送金手数料が無料!無駄なく送金できます。

取引所からPBRレンディングに送金する際に多くの取引所では送金手数料がかかってしまいます。

しかし、GMOコインは送金手数料が無料!無駄なく送金できます。

送金手数料無料の取引所を利用して無駄なく運用しよう

住所がレンタル(バーチャル)オフィス

PBRレンディングの運営会社は、「東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階」にオフィスを構えています。

「SERVCORP」という会社のレンタル(バーチャル)オフィスとなっています。

レンタル(バーチャル)オフィスを使用している場合以下のようなことを感じてしまいます。

信頼性の低下:物理的なオフィスがないことは、一部の顧客にとっては信頼性が低いと感じるかもしれません。特に金融関連のサービスを提供する企業の場合、実際のオフィスが存在することは信頼性の証となることが多いです。

企業の安定性の疑問:レンタルオフィスを使用していることは、企業の財務状況やビジネスの安定性に疑問を持つ原因となるかもしれません。

企業の実態の不透明性:実際のオフィスがないことで、企業の実態や運営状況が不透明になり、顧客がサービスを利用する際のリスクを感じるかもしれません。

レンタルオフィスが悪いわけではありませんが、レンタルオフィスの会社に資産を預けるのはどうなのかと思う人も一定数いるのが現状です。

ハードフォークのリスク

ハードフォークとは、仮想通貨(暗号資産)のブロックチェーン技術において、既存のルールやプロトコルを変更するための手段の一つです。この変更が大きい場合、新しいブロックチェーンが分岐して誕生することがあります。この分岐点から、既存の仮想通貨とは異なる新しい仮想通貨が生まれることがあります。

例えば、ビットコインのハードフォークにより、ビットコインキャッシュが誕生したことが過去にあります。このような場合、ハードフォークが発生する前にビットコインを保有していた人は、新しく誕生したビットコインキャッシュも同じ量だけ手に入れることができました。これを「エアドロップ」と呼びます。

しかし、PBRレンディングのようなレンディングサービスを利用している場合、あなたが貸し出している仮想通貨でハードフォークが発生したとしても、新しく誕生した通貨の獲得権利はサービス提供者である運営会社に帰属するという方針が示されています。

これは、実質的にPBRレンディングを利用しているユーザーが新しい仮想通貨のエアドロップの恩恵を受けられないということを意味します。つまり、新しい通貨を獲得するチャンスを逃してしまう機会損失が発生する可能性があるのです。

単利運用に変更されてしまった

2024年4月1日以前では自動で複利運用をしてくれていました。しかし、4月1日以降は自動的に単利運用に変更となりました。

複利運用:レンディングでた収益を元本に加えることで効率よく運用する方法です。
単利運用:元本に対して一定の利率が適用され、その利息が定期的に支払われる投資方法です。

つまり、複利運用の方がより多くの利益を見込めるということです。

分かりやすいように単利運用と複利運用の利益の違いについてまとめてみました。

年数単利運用の合計(万円)複利運用の合計(万円)
0100100
1110110
2120121
3130133.1
4140146.41
5150161.051
6160177.1561
7170194.87171
8180214.358881
9190235.7947691
10200259.37424601

なんで単利運用になってしまったの?

「複利運用だと利益計算が複雑で分かりにくい」という意見があったらしいよ。

PBRレンディングにもリスクはある

結局は仮想通貨の取引になるのでリスクはあります。

仮想通貨は価格の変動が激しいものです。下がってしまって損する場合もあるし、値上がりして利益を得るどちらもあり得ることなのでそこの判断は自己責任になります。

また、PBRレンディングはまだ新しいサービスで、実績が少ないです。

会社倒産して預けていた仮想通貨をがなくなるなどのリスクも考えられます。

そのため、PBRレンディングを利用する場合は余剰金で行うことをお勧めします。

PBRレンディングでおすすめの通貨は?

PBRレンディングでは5つの通貨が運用できますが、具体的にどの通貨がいいのか気になりますよね。

以下に各通貨の特徴とおススメ順位をまとめました。

BTC (Bitcoin)

  • 特徴:
    • 暗号通貨の草分けとして知られ、多くの人々に受け入れられている。
    • 「デジタルの黄金」とも言われ、資産としての価値が注目される。
    • 長い歴史と堅牢なセキュリティを誇る。
  • おすすめ順位: 1位
  • 理由: その普及度と堅実さから、レンディングの主要な選択肢となっている。

ETH (Ethereum)

  • 特徴:
    • スマートコントラクトの実行が可能な革新的なプラットフォーム。
    • 分散型金融の中心的存在。
    • 多様なアプリケーションの実行が可能。
  • おすすめ順位: 2位
  • 理由: DeFiの中心としての役割から、ETHへの需要が高まっている。

USDC (USD Coin)

  • 特徴:
    • 1USDCが1米ドルに等しいステーブルコイン。
    • 価格の変動が少なく、安定している。
    • 多くの場所での利用が拡大している。
  • おすすめ順位: 3位
  • 理由: 安定した価値を持つため、リスク回避を求める人々に人気。

USDT (Tether)

  • 特徴:
    • 著名なステーブルコインで、1USDTは1米ドルに等価。
    • 世界中の取引所での採用が広がっている。
  • おすすめ順位: 4位
  • 理由: 他のステーブルコインと同様に安定しているが、過去の議論を考慮して順位を設定。

ADA (Cardano)

  • 特徴:
    • 研究をベースに開発された先進的なブロックチェーン。
    • 持続可能で拡張性に優れている。
    • 新しい技術の採用が進められている。
  • おすすめ順位: 5位
  • 理由: 技術的には注目されているが、レンディング市場での位置づけはまだ強固ではないため。

PBRレンディングで実際に儲かるの?

私もPBRレンディングを始めてみました。

ETHを最低金額でレンディングしたところ一か月で0.001ETH(約260円)の利息が付きました。

PBRレンディングの利息

約2万円のレンディングで一か月で260円なので、一年にすると約3000円の利息になりますね。

メガバンクなどに預けて置いたらこの利息になるのに何年かかるのでしょうか…

また余力がある人はレンディング額を増額することでもっと利息が見込めますね。

もし10万円預けたら15000円分稼げるね!

なんと2倍に!

ビットコインETFの承認などの影響でETHの価値も上がり、2万円で運用始めましたが4万円まで増えていました!

PBRレンディングの始め方

レンディングの始め方

登録は簡単3STEP

STEP
公式サイトにいき、電話番号を入力してユーザー登録

公式サイトはコチラ

SMSにURLが届くので、そこから登録を行います

STEP
本人確認

本人確認資料を画面に従ってアップロードすればOK!

STEP
暗号資産を送付

ビットコインなどの暗号資産を指定のアドレスに送金しよう!

本人確認が終了すると登録したメールアドレスにサイトのURLが送られてきます。

URLをクリックしてサイトに行きログインしましょう。

PBRレンディングの始め方

次に「レンディング」をクリック

PBRレンディングの始め方

「Lending」をクリック

PBRレンディングの始め方

貸し出す通貨を選択し、貸出量を入力する

PBRレンディングの始め方

そうするとアドレスが表示されるので、そこに仮想通貨を送金しましょう。

PBRレンディングの始め方
STEP
TxIDを取得

暗号資産の送金を行ったら取引所で作成される「TxID」を取得しましょう。

「TxID」は取引所の取引履歴から確認することができます。

TxIDは取引所毎に書かれ方が異なっています。「TxID」「取引ID」「Transaction Hash」が「TxID」となります。

「TxID」の取得ができたら、PBRレンディングの画面に戻りTxID」を入力する欄があるので入力して完了となります。

GMOコインを開設しよう

ビットコインの購入するためには取引所の口座が必要となります。

おすすめなのがGMOコイン!

取引所からPBRレンディングに送金する際に多くの取引所では送金手数料がかかってしまいます。

しかし、GMOコインは送金手数料が無料!無駄なく送金できます。

ビットコインの購入するためには取引所の口座が必要となります。

おすすめなのがGMOコイン!

取引所からPBRレンディングに送金する際に多くの取引所では送金手数料がかかってしまいます。

しかし、GMOコインは送金手数料が無料!無駄なく送金できます

*GMOコインから送る際の宛先登録

送付先:GMOコイン以外
送付先ウォレット:プライベートウォレット
受取人:ご本人様以外
受取人種別:法人
宛先名称:PBRレンディング
アドレス:先ほどのアドレス
受取人の法人種別:株式会社
法人格の前後:前
受取人名称:PortobelloRoad株式会社
受取人名称(フリガナ):ポートベローロードカブシキガイシャ
受取人居住地:日本
受取人住所:東京都
受取人との関係:投資先
実質支配者情報:個人
受取人の実質的支配者名:奈良﨑 匡平
受取人の実質的支配者名(フリガナ):ナラザキ コウヘイ
受取人の実質的支配者名(アルファベット):Kohei Narazaki

返還申請のやり方

返還申請も簡単に行うことができます。

ただ注意点として返還申請してからウォレットに返還されるまでには約1か月半かかります。

申請したからと言ってすぐに返還されるわけではないので注意してください。

STEP
PBRレンディングの会員ページにログインする

登録した際に送られてきたメールからログインページに行きましょう。

STEP
返還したい通貨の選択

「レンディング」→返還通貨を選択してください

STEP
返還申請を行う

下にスクロールして「返還申請」をクリック

address:返還先のウォレットアドレス
spend:いくら返還するのか
これらの入力して「返還申請」をクリックしましょう。

これで返還申請は完了だよ

PBRレンディングのよくある質問

なぜPBRレンディングはこのように高い年利を実現できるのですか?

①暗号資産取引所でレンディングする場合。
貸借料率は年率で1%前後と比較的低めの設定となっています。何故かと言いますと、ユーザーから借りた通貨を自社サービス内でのレバレッジ取引などに活用することが基本になるからです。
つまり、暗号資産取引所の収益モデルは薄利多売型の手数料収益になるので、ユーザーへ還元できる貸借料率も自ずと低くなるというわけです。暗号資産取引所の中には年率で5%と謳っている会社もありますが、必要以上にユーザーから通貨を借りる事は難しく募集枠も限られことから、ユーザーの貸し出したいタイミングで十分に貸し出せないことになります。ですから結果的に年利1%の枠に落ち着くといった状況になります。

②PBRレンディング等、専門のプラットホームでレンディングする場合
ユーザーから借りた通貨を海外の暗号資産交換業者や機関投資家などへ再度貸出しをして運用をします。
つまり、市場で収益を得る事を目的としておりますので①の場合と比べてユーザーへ還元できる貸借料率は必然と高くなります。

それでもPBRレンディングは専門のプラットホームでレンディングを提供している他社と比較しても倍ほどの貸借料を提供しています。

https://nottinghillclub.com/lp_lending/
日本円の振込は可能ですか?

PBRレンディングはでは仮想通貨のみで、日本円には対応していません。
法定通貨をレンディングしたい場合はステーブルコイン(USDCUSDT)を預けてみましょう。

複数のウォレットから送金しても大丈夫ですか?

複数のウォレットから送金しても大丈夫です。申請した時に入力した、数量に達してからサービスは開始されます。

複数銘柄を預けることもできますか?

可能です。

今からでも遅くないですか?

全然遅くないです。

今から始めれば先行者利益がまだ狙えます。

結論:今すぐにPBRレンディングを始めよう

Leandingサービスの中では最高クラスの10%
契約は最短で1か月~
預けるだけでどんどん増えていく

もし仮想通貨を持っていて保管しているだけではもったいないと思っている方はPBRレンディングを始めましょう!

まだ始めている人は多くありません。日本の仮想通貨の投資人口は約2%です。

早い段階から始めて先行者利益を取りましょう!

PBRレンディング

忙しい人や仮想通貨を保管しているだけ人は損しているかも…

放置しているだけで仮想通貨が増えていく

年利はレンディングサービスの中では最高クラス驚異の10%

運用は一か月の短期~可能だから安心して預けることができる。

\年利10%で運用を始めよう/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次