Xverse Walletってなに?|Xverse Walletを作ってビットコインNFTを始めてみよう

当ページのリンクには広告が含まれています。

ビットコインNFTを始めるためにはビットコインNFT用のウォレットが必要になります。

今回はXverse Walletの機能や作り方を紹介していきます。

ビットバンク

ビットコインを買うならビットバンクがおすすめ

ビットバンクなら手数料を抑えて仮想通貨取引ができる!

\ビットバンクはキャンペーン実施中!/

目次

Xverse Walletってなに?

Xverse WalletとはビットコインやビットコインNFT(ordinals)を保管するためのウォレットのことです。

仮想通貨を触れたこのある人ならばビットコイン版のメタマスクといえばわかると思います。

メタマスクはETHに特化したウォレットになっているのでビットコイン用のウォレットが必要になってきます。

ビットコイン用のウォレットがXverse Walletです。

メタマスクもわかない人向けに以下説明していきます。

現実でもATMからお金を引き出したらお財布にお金を入れると思います。仮想通貨も同じです。

取引所(ATM)からXverse Wallet(お財布)に仮想通貨を入れて保管していきます。

Xverse Walletの機能

Xverse Walletの機能

・ビットコイン・ordinalsを受け取れる
・ステーキングできる

Xverse Walletの機能主にこの3点です。それぞれ見ていきましょう。

ビットコイン・ordinalsを受け取れる

先ほども述べたようにXverse WalletではビットコインやビットコインNFTのordinalsを受け取ることができます。

ビットコイン版メタマスクですね。

ビットコインをステーキングできる

Xverse WalletではXverseではビットコインをステーキングできます

ステーキングとは

特定の仮想通貨を保有することで、そのブロックチェーンに参加し、その報酬として仮想通貨が貰えることです。

イメージとしては銀行に預金するような感じです。

そしてこのステーキングはなんと年利が10%!

ネットバンクの年利は0.01%なので、1000倍お得ですね!

もし使っていないビットコインがあればステーキングしてみはどうでしょうか?

Xverse Walletの作り方

Xverse Walletの作り方

Xverse Walletは簡単3STPEで作ることができるよ!

Xverse Walletの作り方
STEP
Xverse Walletをダウンロード
STEP
シードフレーズを設定
STEP
パスワードを設定

それぞれ見ていきましょう!

Xverse Walletをダウンロード

STEP
Xverse Walletの公式にアクセス

https://www.xverse.app/にアクセスしましょう

STEP
Xverse Walletをダウンロード

Download」をクリック

Xverse Walletをダウンロード

Download」をクリック

Xverse Walletをダウンロード

Add to Chrome」をクリック

Xverse Walletをダウンロード

拡張機能を追加」をクリック

Xverse Walletをダウンロード

これでダウンロードが完了したよ

シードフレーズを設定

次はXverse Walletの設定をしていくよ

STEP
Xverse Walletを起動しよう
シードフレーズを設定
STEP
シードフレーズの設定をしよう
「Create Wallet」をクリック
シードフレーズを設定
STEP
「Next」をクリック
シードフレーズを設定
STEP
もう一度「Nextをクリック」
シードフレーズを設定
STEP
「Continue」をクリック
シードフレーズを設定
STEP
「Accept」をクリック
シードフレーズを設定
STEP
「Backup now」をクリック
シードフレーズを設定
STEP
「Show」→「Continue」をクリック

シードフレーズが出てくるからメモをしよう

シードフレーズを設定
STEP
「シードフレーズを入力」→「Verify」
シードフレーズを設定

これでシードフレーズの設定が終わったよ

パスワードを設定

STEP
パスワードを入力
パスワードを設定
STEP
もう一度パスワードを入力
パスワードを設定
STEP
「Close this tab」をクリック
パスワードを設定

これでパスワードの設定も終わったよ!

3つのウォレットアドレスの確認

3つのウォレットアドレスの確認

Xverse Walletには3つのアドレスがあるよ!

・ビットコイン用
・ステーキング用
・NFT(Ordinal)用

メタマスクと違い複数のアドレスがあり、それぞれに役割があります。

ビットコインをNFT用のアドレスに送ると最悪戻ってこないのでしっかりと確認しましょう。

STEP
Reciveをクリック
3つのウォレットアドレスの確認
STEP
各アドレスを確認

ビットコインを送りたい時→Bitcoin

ステーキングしたい時→Stacks NFTs & SIP-10 tokens

NFTを受け取る時→Ordinals & BRC-20 Tokens

3つのウォレットアドレスの確認
STEP
アドレスをコピーしよう
アドレスをコピー
STEP
警告文を読もう

アドレスをコピーすると警告文が出ます。

内容を簡単にまとめます。

Bitcoin→Ordinal(NFT)の受け取りはできません
Ordinals & BRC-20 Tokens→Ordinalしか受け取れない。ビットコインは受け取れません
Stacks NFTs & SIP-10 tokens→表示されない

送る先のアドレスには注意しよう!

詐欺対策をしよう

NFT界隈では多くの詐欺が存在しており、毎日誰かしらが詐欺被害にあっているのが現状です。

しかし、詐欺対策を知っていれば防げるものがほとんどなので、しっかりと詐欺対策を勉強しましょう。

詐欺対策3選

・シードフレーズは誰にも教えない
・リンクは触らない
・公共のWi-Fiにはつながない

この3点を意識するだけで詐欺被害は結構な確率で防げます。それぞれ見ていきましょう。

シードフレーズは誰にも教えない

シードフレーズは絶対に教えないでください。

シードフレーズを教えてしまうとXverse Wallet内のビットコインやNFTを勝手に違うウォレットに送ることができてしまいます。

シードフレーズを教えてくださいと言ってきた人は全員詐欺師です。

どんな状況でもシードフレーズは教えないでください。

リンクは触らない

NFT詐欺被害で一番多いのが詐欺サイトへの接続です。

詐欺サイトに飛びウォレットを接続してしまうと、ウォレットの中身を抜き取られてしまいます。

ミントサイトなどに飛ぶ際のリンクはDiscord内の公式から発表されているリンクからサイトに飛ぶようしましょう。

公共のWi-Fiにはつながない

公共のWi-Fiのセキュリティは弱くて、繋いだ端末の情報を簡単に抜き出されてしまいます。

そのため、シードフレーズの情報などが盗まれてしまい、被害にあった人も多くいます。

公共のWi-Fiには極力つながないようにしましょう。

ビットコインNFTに関するQ&A

ビットコインNFTとイーサリアムNFTの違いは?

大きな違いは画像データの保存先です。

ビットコインNFTはブロックチェーン上に画像データがあります。一方イーサリアムはブロックチェーン上には基本的には画像データがありません。

そのため、ビットコインNFTの方が変更不可能なデータとなります。

ビットコインNFTの課題は?

ガス代が高いです。

イーサリアムNFTはブロックチェーン上に画像データがない分ガス代が安くなっています。

しかしビットコインNFTはすべてのデータがブロックチェーン上にあるためにガス代が高くなってしますのです。

ビットコインNFTの注意点は?

トランザクションの時間が遅いです。

ビットコインNFTは10分に一度のトランザクションになります。

そのため、ビットコインをウォレット移動するのにも時間がかかるので、早めに準備をしておきましょう。

まとめ

今回はXverse Walletの作り方について解説していきました。

ビットコインNFTの受け取りには専用のウォレットが必要になります。

ビットコインNFTは今注目されてきているのでXverse Walletを作って始めてみましょう!

ビットコインNFTでの注目はCNOです!CNOの詳細はこちら↓

早めのビットコインの用意を!

ビットコインはイーサリアムと異なり、用意するまでに時間がかかります。

直前で用意しようと思っていると間に合わないことも…

早めに準備しておきましょう!おすすめの取引所は↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次